スタッフブログ

2015.01.13

あけまして。

島﨑 彩

あけましておめでとうございます。

あっという間に、一週間が終わり三連休もおわってしまいました・・・。

この三連休は、たくさんの地域で成人式が開催されましたね。

毎年、ディズニーランドでの成人式は羨ましいなあと思います。

私は2年前に成人式だったのですが、引っ越しをしたこともあり出席せずに

写真だけ撮りに行きました!たくさん撮って、なんだかとても疲れた覚えがあります。

でも二十歳の記念になりました。いい思い出です。

 

 

 

 

2015.01.09

おめでとうございます。

清水 由美子

2015年も、もう9日ですが、新年のご挨拶です。

今年はひつじ年です。

昨日、飲み会の席で動物占いの話になりまして、私は”ひつじ”だそうです。

急にひつじに親近感がわいてきました。

今年はもしや飛躍の年かもしれません。

元旦に善光寺でひいたおみくじが「凶」だったのも、逆にすごいことかも!?

何事も前向きに考えて、嫌なことも自分の成長の礎になると信じたいです。

いいえ、信じます。

信じないとやってられるかーっ!!!

以上、清水由美子の新年の決意表明でした。

今年もよろしくお願いいたします。

 

2015.01.08

七草粥

小林 彰彦

 昨日は1月7日で「人日の節句」でした。お正月最後のこの日は、「七草粥」を食べて1年の豊作と無病息災を願います。私も昨日食べました。毎年この日に「七草粥」を食べていますが、いつから始まったのでしょうか?

 諸説あるようですが、平安時代には行われていて、室町時代の汁物が原型ともされているようです。また江戸時代に幕府が公式行事として「人日」を祝日にしたことで、「七草粥」を食べる風習が一般の人々にも定着していったようです。ちなみに七草とはセリ・ナズナ・ハコベラ・ホトケノザ・ゴギョウ・スズナ・スズシロが一般的です。地方によって多少異なるようですが、現在はスーパー等でセット販売されているのでつくるのも楽になりました。

 お正月での祝膳や祝酒で弱った胃腸に優しく、ビタミンの補給になるともいわれていますので、この時期に食べる意味があるのです。昔からの風習ですが、いつまでも大事にしていきたいですね。自分もお正月で飲み過ぎ、食べ過ぎに過ごしたので美味しく頂きました。

 皆さまのお役に立てるよう今年も一生懸命に取り組んでいきます。よろしくお願い致します。

2015.01.07

課題解決

丸山 慶子

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。 

 

新年がスタートしましたが、今年はどんな一年に皆さんはしたいですか。まだ、これから考える、もう目標に向かい頑張っている、それぞれかと思いますが、一年の計は元旦にありのことわざの通り、新年は目標に向かい頑張ろうと思える時ですね。

 

 さて、話は変わりますが私は表題のとおり、昨年お客様の課題解決支援をさせて頂きました。経営者と従業員のパイプ役となるべく、どんな問題があるのかを抽出し、一緒に課題を解決していくミーティングに参加させていただきました。経営者からは、ミーティングをしても全く意見が出ない、というのがはじめの課題であったのですが、実際はじめてみますと皆さん個人の意見をきちんとお持ちで、とてもいい案が沢山でてきました。お一人づつ、面談もさせていただき、一つの事でも考え方・物のとらえ方もこうも違うのだなと考えさせられました。最後には私の大好きなスティーブン・R・コビィー氏の7つの習慣を抜粋して紹介させて頂きました。皆さんに最後一言づつ、感想を頂いたのですが、感謝のお言葉を頂き本当に嬉しかったです。スタッフの方は頼んでもないのに、お昼の貴重な時間を潰してしまった、パートの方にはわざわざ残って頂いた、という思いが私の中にあったからです。しかし、一人の方の感想でやらせて頂き本当に良かったと思いました。このようなミーティングを是非自分たちで続けていきたい、固い話も、ゆるい話も、みんなで集まりコミュニケーションする場が有意義なので、日頃見えない部分の仕事の情報交換の場としていきたい、とおっしゃってくれました。従業員の自主性がないという経営者の方の悩みが少し解決でき、一歩前進した職場は本当に今後楽しみであり、よりよくなると期待します。私自身今後もよりそっていける関係でありたいと思います。

 

 今年も日々皆さんとの出会いを大切に、課題を一緒に解決していけたらと思います。宜しくお願いします。

2015.01.06

明けましておめでとうございます。

小林 清一

本年も宜しくお願い致します。

平成27年は未年です。「未」は、『漢書律暦志』では、「昧曖(まいあい)」の『味』と記され食物が茂って「暗い」、果実が熟した状態「味」を指すと言われています。後に万人が覚えやすくなるために動物の羊が使われるようなったようです。                         象形文字で木の枝葉の茂った様を表す「未」と言いますが、未の月にあたる6月は、様々な作物が成熟する大切な季節です。「未」の字には、豊作への願いがこめられています。 弊社は12月が年度末で毎年各自に個人発表を年末に行っております。                  私の個人取組目的はお客様、組織のために尽くしお客様、組織から必要とされる人になる。達成目標は現在のお客様に誠心誠意取り組み、お客様の悩み課題を自己の悩み課題と受け止め真摯に向き合い現状からの改善に向かって寄り添い支援させていただくこと。そのためには、自分自身を磨くことも重要な課題になると考えます。社内では時として同僚を認めず欠点ばかり目につき同僚を責めてしまう気持ちが湧いてきます。これは自己と同僚との考え方を自分のものさしで見て自分とは違う。ここから湧き出すものは同僚を見下す、相手にしない、あるいは自分は同僚と違うと考える誤った考え方が湧いてきます。逆から見ると自分を認めてもらっていないと言うエゴだと考えます。自分と同僚は違うという線を引いたところから受け入れる気持ちはなくなります。自分と同僚は一緒だ。同僚の良い点を見て自分に足りないものを学ぶ、感謝するここから始めることだと思います。今回の目的を考えたときに社内の関係性を改善できなければお客様との関係性は構築できないと考えています。自分では関係性は構築できていると思う前にもう一度足元から見直し社内でも関係性構築に努めてまいります。今年度は信交交流会も本格的にスタートします。事務局の一員として自分ももてる力を発揮し同僚やお客様と協力し取り組んでまいります。この未年は十分に自分を耕し、十分な肥料を与え年末のには実りが多く収穫できたと皆と喜びを味わう年にしますので宜しくお願い致します。

1...102030...495051...607080...121