スタッフブログ

2015.09.03マイナンバー制度八田 潤也

来月10月から、いよいよ「マイナンバー制度」が動き出します。この制度の導入で、住民票のある国民一人ひとりに12桁の個人番号(マイナンバー)が通知されます。そして、同じ人でも税金や社会保障や災害対策といった、分野毎に違う番号が与えられていたものを、同じ番号に統一する事で公平性、行政の効率化、国民の利便性を高める、というのが目的です。
10月に入りますと、住民票のある住所にマイナンバーが記載された「通知カード」が郵送されてきます。マイナンバーは一部例外を除いては一生変更されないトップレベルの個人情報ですので、厳重に管理する必要があります。

 

さて、マイナンバー制度の導入で大きな責任を負う事になるのは、実はそれぞれの方が働く企業です。企業の担当者は、社員の方の給与や社会保険の手続きをする際に皆さんからこのマイナンバーを教えていただき、書類に記載して提出する事になります。ここで出てくるのが情報漏えいの問題です。手続き上、本人以外の方が知る事になりますので、企業や事務担当者には、情報漏えいしないような厳重な管理体制や仕組みの構築、取扱いの責任が課され、違反すると罰金などの罰則があります。

先日のニュースによると、マイナンバーの利用範囲を預金口座や医療分野に広げる案が参議院の委員会で可決され、今国会で成立する見通しです。マイナンバーの重要性、個人情報としてのレベルがさらに上がりますので、確かに企業、そして行政にも厳重な管理をお願いしたいものです。

 

マイナンバー制度にはまだまだ不明確な点も多いですが、企業の経営者、事務担当者のご支援をすべく、弊社でもセミナーを開催いたします。
9/15(火) 14:00~15:00
9/26(土) 10:00~11:00
いずれも弊社事務所3Fにて行います。参加費は無料となりますのでご興味のある方はご参加ください。

2015.09.02ストレスチェック牧 祐史

最近、働き盛りの精神障害が社会問題になりつつあります。先月お配りさせて頂いた、ニュースレターにも精神障害による労災補償の請求件数が伸びているデータが掲載されておりました。一度精神障害になると、怪我等とは異なり治る状態がよくわからず仕事に復帰出来るまでに時間がかかったり、職場に迷惑をかけたことによる更なる悪化等、長期の療養を要するという話もよく聞きます。また、身体的な問題が客観的に見てわかりにくいので周囲から病気に対する理解を得難いのも実態です。

 

そんな中平成27年12月からストレスチェック義務化法が施行されます。従業員50名以上の事業場には年1回のストレスチェックの実施を義務づけるという法律です。たとえ従業員数が50名に満たなくても事業主には年1回の健康診断と同程度の対策を講じる必要があると思われます。これにより早期発見、早期治療が進むのではないでしょうか。

 

詳しくは信光交流会主催で9月12日に開催する講演会で専門の先生を招いてご講演を頂きますので是非多数の事業主の方にご参加を頂ければと思っております。どのように予防したらよいかの話もあると思います。

今や精神障害は一企業の問題ではなく、日本の社会問題になりつつあるのです。理解を深める良い機会にしていただけると幸いです。

 

2015.08.11サキベジ大崎 尚美

毎日厳しい暑さが続いていますが、皆様お変わりないでしょうか。

連日の猛暑で熱中症にかかる方が先週1週間をみると1万人を超えています。

ご高齢の方が多いようですが、屋内で倒れられた方は「エアコンが嫌い」と言っていた方が多いそうです。

嫌いといえども、上手に使って体調管理していかないといけませんね。

体調管理といえば、最近「サキベジ」という言葉を耳にするようになりました。「野菜を食事の最初に食べる」ということです。脳は満腹中枢が働くまで20分ほどかかるので、野菜を最初に食べれば、良くかむので時間もかかり食べ過ぎにならない、更に内臓の働きも良くなるそうです。そして健康であり続けるには、食事の順番が大事であることを親が子に「しつけ」として伝えていきましょう、ということでした。

2025年には団魂の世代が75歳以上となり、介護が必要な方が急増するとみられています。

2025年の3人に1人が65歳以上になり、社会保障制度の持続が危ぶまれる「大介護時代」を乗り切るためにも、一人一人がまずは健康維持を心がけなければと思いました。

 

2015.08.10事業承継について考えます。西牧 敦子

社長、あなたはおいくつですか?

お子様は何人いらっしゃいますか?

事業承継について何か考えていらっしゃいますか?

 

50代の方ですとまだお子様も若く将来がはっきりしていない場合も多いですよね。

どなたにいつ承継させるのかが一番頭の痛いところです。

お子様は平等にしたいという親御さんのお気持ちはよく分かりますが、

将来の争いの種は早いうちに摘み取っておくのが得策です。

うちは兄弟仲がいいから…と安心なさっていませんか?

相続の仕事をしていますと兄弟間の争い事ばかりです。

遺産分割協議がすぐに済むというお客様は本当にまれです。

遺産争いは恥ずかしい事ではありません。

ごく普通の事と思って下さい。

 

また、承継が済む前に経営者が亡くなるというリスクも考えておかなければなりません。

脅かすわけではありませんが、ある日突然…という事もないわけではありません。

かくいう私も100まで元気で生きるつもりですが心の隅では明日の事は分からないと思っています。

 

今すぐでなくても構いません。

対策を練っておきましょう。

相続税の対策も必要ですが、それはお金を払えば済むことです。

後継者が希望をもって会社の存続が出来る、スムーズに事業承継が出来るように考えておくのは残されたご家族ではありません。

 

ご一緒に考えさせて下さい。

方法は一つではありません。

その中から一番良いと思われる方法をお選び下さい。

 

2015.08.07夏ヤケビ田子 友也

連日、暑い日が続いています。もう少しでこの暑さも和らぐのでしょうか。

標高の高い山へ行けば涼しいかというと、街中より気温が低いとはいえ登っている時はやっぱり暑いです。

焼額山は志賀高原にある標高2,009mの山です。

山頂には稚児池と湿原があります。

8月1日~8月30日の間は山頂付近までゴンドラで行くことができます。

今回はまだ夏期のゴンドラ営業前でしたのでプリンス西館近くの登山口から登りました。

途中から山頂まではゲレンデの中を通ります。

 

焼額山 山頂 稚児池 2015年7月25日

 

ゴンドラで行く場合は割引券がおすすめです。

http://www.princehotels.co.jp/shiga/summer_yakebi/

 

1...1020...293031...405060...117