スタッフブログ

2021.02.28

数字で見るコロナ禍の影響

小林 彰彦

 先日新聞を読んでいたら気になる記事がありました。2月22日に厚生労働省が発表した令和2年の人口動態統計の速報値になりますが、出生数は過去最低の872,683人で前年比25,917人減少。死亡数は1,384,544人で前年比9,373人減となり、11年ぶりに減少。また婚姻件数は537,583組で前年比78,069組の減少となったそうです。長野県は出生数が13,823人(686人減)、死亡数が25,665人(634人減)、婚姻数が8,050組(1,215組減)でした。
 コロナ禍の影響も少なからずあるようです。ちなみに全国の出生数の減少率は年間2.9%でしたが、12月は7.3%と減少幅が拡大しているということで今年はさらに減る見通しとなっているそうです。死亡数が減った要因はコロナ禍でマスクの着用やうがい手洗いが徹底されている理由もあるようです。新型コロナウイルスの影響で私たちの生活が大きく変わってしましましたが、このように数字で示されると影響の大きさを感じざるを得ません。
 ワクチンの接種が一部で始まりましたが、順調に進み国民全体が不安のない生活を送れるように早くなって欲しいと願うばかりです。

2021.02.15

地震

田中 美江

先週土曜日夜に宮城県と福島県で最大震度6強の地震がありました。
被災された方々にお見舞い申し上げます。幸いにも亡くなった方はいないようで安心しました。
地震が起きた時の様子をテレビで見ましたが、最初は小さな揺れで収まるかと思ったら徐々に大きな揺れがきて、家具が倒れてきて、地震の大きさを感じました。

気象庁の会見で、2011年の東日本大震災の「余震と考えられる」と話していました。10年も前の地震の「余震」とはどうしてだろうと思い調べてみました。
余震とは、本震でできたひずみを解消して安定な状態にするために起こる地震だそうです。大きな地震程ほどたまったひずみが解消されるのに、時間がかかるため、10年たって大きな余震が発生することについて「起きても全くおかしくない」とのこと。怖いと改めて思いました。
突然襲ってくる地震、いつ揺れに見舞われても身を守ることができるように備えておきたいですね。

2021.02.05

平林城

八田 潤也

 長野市平林にお城があった事をご存じですか?
私も最近、お伺いしているお客様から教えていただいたのですが、現在のJR車両センターの辺りにあったそうです。遺構はありませんが、石碑が立っていました。
それによると平林城は東西66間(約120m) 南北56間(約100m)の大きさで、内堀と外堀があり、昭和初期までは堀跡が残っていたそうです。現在、その姿を全く見れないのは地元民としてはちょっと残念です。

 昨年の健康診断の結果が思わしくなく、一日平均1万歩を目標にして現在散歩を続けています。土日は早起きして歩いていますが、裏路地など普段通らない道に入っていくと、新しい道筋や公園、神社などの発見があり面白いです。長年住んでいる地元とはいえ、まだまだ知らないことがいっぱいあることに気づかされます。
今日現在、一日平均7,280歩(携帯が万歩計代わりになるので便利)。1万歩は厳しそうですが、これからも地道に積み重ねていきます。

 

2021.01.25

新型コロナウィルスワクチン

松本 省司

 海外では既に50カ国で始まっている新型コロナのワクチン接種ですが、日本でもやっと方向性や接種時期が分かってきました。ワクチン接種は、市町村が国や都道府県の指示と協力のもとで医療機関と契約を結び集団接種の会場を確保しながら実施することになるようです。先ずは、2月下旬までに新型コロナ感染患者の受入先である国立病院等の医療従事者からの接種が先行され、3月中に高齢者への「接種券」の配布がスタートし、その後順次対象を広げていく計画のようです。  我々も住民票のある市町村が契約した医療機関等の接種所へ郵送されたクーポン券を持って接種を受けることになるのですが、ワクチン接種は一定期間の間隔をあけて2回の実施が必要です。ここで出てくるのがまたまた「マイナンバー」です。国はマイナンバーを使って誰がどこでいつ接種をしたかのデータを全国で共有することを考えています。ワクチン接種が始まれば出かける先々でマイナンバーによって接種の有無の確認が必要になるということなのでしょうか・・・。となると早いうちのマイナンバーカードの取得が必須のようです!
 ところで、皆さんは新型コロナのワクチン接種には積極的ですか?待望のワクチン接種が始まれば社員や従業員が我先にと接種するとお考えでしょうか?
実はワクチン接種が先行しているアメリカやイギリスでは医療従事者の皆さんのなかでもワクチン接種をためらっている人や消極的な人は少なくないようです。もちろん、ワクチン接種に懐疑的な人がいることは特に珍しいことではないと思います。(我が家でもインフルエンザワクチンは私と高齢の両親は接種しますが、妻や子供達は体力に自信があるのか?接種しません)
 世界中でこのパンデミックを収束させようとしているなか、今後ワクチン接種が広く普及してくれば、社員や従業員がワクチン接種を受けるか否かに関して、極端に言えば「ノージャブ、ノージョブ(ワクチン接種を受けざる者は働くべからず)」(イギリスでは企業経営者が実際に表明している)や「接種を受けなければ仕事も与えられない」なんてことが言われてくる可能性はないでしょうか。ただし、妊娠している従業員やアレルギーや健康上の理由で自分にとっては「有害」であると信じている者についてはワクチン接種を強制すること難しいですし考慮すべきでしょう。逆に企業側としては、従業員を守ることや顧客に安心感を与えるという観点では接種を義務化することも理にかなっていると思いますが、一方ではワクチン接種を義務化した職場で、接種を受けた従業員に副作用が出た場合、雇用者側に法律上の責任問題が生じる可能性もあるでしょう。また、ワクチン接種の有無によって状業員の処遇に差が生じたり配置転換を行う等についても「差別」処遇とされてしまうのかもしれません。アメリカでは昨年末に新型コロナのワクチン接種に関して、雇用主は宗教上の理由やアレルギー等の健康上の理由で拒否する者を除いて、従業員に対し法的にワクチン接種を義務付けることができることとしたようです。ワクチン後進国の日本においては今後どのような対応や法改正になっていくのか、お客様の社員や従業員が新型コロナのワクチン接種に対してどう考えていて積極的に接種するのか企業(医業)経営の課題になってくるのかもしれません。

2021.01.18

ウィンタースポーツ

宮澤 剛人

毎日厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私の趣味はスノーボードで週末は雪山で過ごすことが大半です。
晴れている日の景色を見ながらのスノーボードはまた格別です。


~先日白馬で収めた写真~

去年の暖冬に比べ今年は雪の恩恵が大きく楽しい週末を過ごしております。
しかし、良いことばかりではなく今シーズンは雪が降りすぎており、各地のスキー場でのケガや遭難が起きているようです。
また平地でも交通トラブルや事故が多発しており日常生活でも気を付けなければいけないと思っております。

皆様も厳しい寒さが続いておりますが、お体には十分気を付けてお過ごしくださいませ。