スタッフブログ

2013.02.27

やる気を出すには・・・

三井 麻里恵

私がたまーに読ませていただいてるブログがあります。

爆発的モチベーターの坂田公太郎さんが話していた記事です。

「やる気が起きない人には3タイプある。

①日常に変化や刺激がなく怠けてしまっているタイプ。

②逆に忙しすぎるタイプ(体が休みを欲している)。

③自信が変化を恐れてしまっているタイプ。目標を立てるもののどこかで変われる自信がないため行動がストップしてしまう。

どれかに当てはまれば自分のタイプに合わせて解決すればいい。

刺激がなければ刺激を与えればいい。休みたければ休んだらいい。本気で変わりたいなら一歩ずつでも進めばいいということ。

 

しかしわかっていてもなかなか簡単にはいかないのが現実・・・。

3タイプに共通して言えるのは第一に自分がどうなりたいかを把握していない。目的をしっかりさせることが必要。第二に自分が好きで得意な仕事と苦手な仕事を知っておく。

自分を高めるためにはまず、長所を伸ばすように行動すればいい。

どんよりとした気分で、どうにもやる気が出ない場合は、カラダを力強く動かす。カラダと感情は密接に関係しているものなので、面白いことがなくてもフリをする。オススメは1分間笑い転げること。スキップも効果的。」

 

 

メンタルと逆の行動をすることによって脳に勘違いさせることがポイントのようです!

モチベーションがあがらない時試してみようと思います(^^)

三井麻里恵

2013.02.26

計画

北村 由香里

前回のブログで計画を立てないと行動できない。と書きました。

綿密な計画を立てればあとはその通りに行動するだけ。本当にその通りだと思います。

入社して以来、毎年一年間の計画をたててきて学びました。

その結果今年の目標は例年のものよりは綿密に(自分なりに)たてれたのかな。と思っています。

あとは実行するだけです!やるだけです。

北村。

2013.02.25

変化

牧 祐史

 あるお客様と現在直面している問題について書きます。お父様から事業を引き継ぐ過程で売る物はそれほど変化をさせず、売る先を新たに開拓して順調に業績を伸ばしてきました。時代の流れの中でその売り先からの需要がのびていたのですが、ここに来て頭打ちになり、むしろ衰退の方向に動き始めました。その方は「しばらくは大丈夫だと思っていたけど、次のビジネスモデルを考えないといけない。」とおっしゃっています。デフレ経済の中で同業他社の価格競争にも巻き込まれているかもしれません。

 変化が激しく、昨日の常識は、今日には時代遅れになってしまうような状況の中で、経営者の方も先を見据え事前の策は打っても追い付かない若しくは追い越されてしまう、そんな状況なのではないかと感じました。様々な情報は経営者の方にも入ってきていますが、どの情報に絞ったらよいのかわからず、混乱されているようにも感じました。

 過去の常識では未来は創れず、先を見据えて数ある情報の中からポイントを絞り経営を遂行して頂けるように寄り添いサポートしていくのが大切な役割なのだと再確認しました。

お客様の抱えている課題を共有して早く次の手が打てるよう計画作りからサポートさせて頂きます。牧

2013.02.22

因果律

田中 美江

先日参加した研修のなかで『因果律』についての話を聞きました。

「物には原因がある。現在は過去からも未来からも影響を受けている。たとえば現在キャッチボールをしている状況は同じでも、目標がない人はただボールを投げていて、甲子園に行こうという目標をもってボールを投げているのでは、取り組み方が違う。目標を持って行動している人の現在は違う。」と言う内容です。

何のためにやっているのか、目標を明確にすることで現在の行動が変わり、結果が大きく違ってきます。

実現するための手順を具体化し、行動計画を立て、管理していくことで目標達成に近づくことができます。

当社でも、目標管理制度を導入していますが、まだ大きな成果に結びついていないのが現状ですが、目標を明確にすることに役立っていると思います。まだまだ不十分ですが、頑張って取り組みたいと思います。

 

2013.02.21

大気汚染

清水 由美子

中国の大気汚染が今ちまたをにぎわせております。

そこでよく使われるワード、大気汚染の原因とされる「PM2・5」とは何のことなのか。

いまさらですが疑問に思って調べてみました。

「PM2・5」のPMは「Particulate Matter」という英語の略で、「粒子状の物質」を意味し、2・5は「直径2・5マイクロメートル以下(1マイクロは100万分の1)」を表し、大気中に漂う微粒子の中でもとりわけ極小な物質だそうです。

その小ささは、高機能ではない通常のマスクも通してしまうほどで、肺の奥まで入りやすく、大量に吸い込むことで肺がん、ぜんそくなどの健康被害を引き起こす懸念が指摘されているとの事。

西の季節風が強まり、中国大陸の大気が日本列島に運ばれる形となり、大陸に近い九州や関西だけでなく、関東各地でもPM2・5が観測されるように。危機感を強める各自治体は対策を強化しているようです。

私の実家がある群馬県は、微小粒子状物質「PM2・5」の測定結果を県大気汚染常時監視システムのホームページにリアルタイムで公表し始めたらしいです。

高性能のマスクが高くても売れていたり、空気清浄器など性能の良い日本製が海外で需要拡大を続ける見通しだそうで、どこに商機があるか、予測するのは難しいですね。

とにかく大気汚染をどうにかしてもらいたい清水由美子でした。

 

 

1...102030...119120121...127