スタッフブログ

2013.01.11ビジョナリーパートナー小林 彰彦

 本日(1月11日の金曜日)東京まで研修に行ってきました。内容は「企業の経営力強化支援のために、会計人ができることを考える!」というものです。その内、第一部の基調講演で長野市出身の元リッツ・カールトン日本支社長、現在は人とホスピタリティ研究所代表の高野登氏のお話を聞くことができました。

 

 「ホスピタリティの心 ~人間力の原点~」という内容でお話を頂きましたが、とても興味深く大変ためになる内容でした。サービスとホスピタリティの違いや、何のためにマニュアルがあるのか、人間力と感性を磨くことなど納得させられる内容が盛りだくさんでした。

 

対話の必要性を改めて感じ、自分の価値基準で行動をしないこと、明確なビジョンを持つこと、相手のためにではなく相手の立場になって考えることが自分を高めるために必要だと感じました。

 

ホスピタリティの心を持ち、お客様からビジョナリーパートナー(将来のことを一緒に考えてくれる人)となれるよう頑張っていくと心に誓いました。        

小林 彰彦

2013.01.10将来・未来に目を向ける和田 賢治

 年末年始の長い休みには例年の通り妻の実家に行きました。その時だったでしょうかテレビで『老後の資金は1億円必要です』(言葉は違うかもしれないですがニュアンスはこういう内容でした)という何かのCM?を見ました。

 

 自分が担当するお客様に提供させていただている業務の中で、65歳で事業をやめたとした場合85歳まで生きると仮定すると夫婦二人で年間500万円必要であると考えれば事業をやめるまでに500万円×20年(85歳-65歳)=1億円が老後の資金として必要になるという課題が出たことがありました。正にCMの内容と重なるものでした。 

 

 そのお客様においては65歳までに1億円の資金を貯めるという目標のための中・長期の経営計画を立て、単年度計画を作成し目標達成に向けた行動計画を立て単年度計画が予定通り進んでいるかを毎月確認し経営サイクルを循環させ目標を達成するという流れでお客様の目標達成のお手伝いをさせていただております。現在は当初の中期計画を上回る利益が出せたことにより目標達成の進捗も進んでいる状況です。

 

 将来・未来に視点を向けて不安や困り事が見えた時にどうすれば良いか考え行動しその不安や困り事が解消できているか?検証していくものなのだと思います。自分も将来を見て為すべきことを決めなければと思います。未来を見て初めて見えてくるものでしょうから。昨日誕生日を迎えた和田でした。

2013.01.09新年島﨑 彩

2013年になり、ホームページが新しくなり、とても新鮮ですね!!
今年初めての更新なので目標を書きます。
ひとつめは、体調をくずさないこと。
昨年は体調を崩すことが多かったので今年は気を付けていこうと思います。
ふたつめは、前向きになること。
いつでもなんでも前向きに考えられるような人間になるために

常に意識していこうと思います(笑)

 

今年は二十歳になるので、気持ちを新たに頑張っていこうと思います!!!

今年もよろしくお願いいたします。

 
島﨑。

2013.01.08体調管理大塚 奈津子

仕事を円滑に行うためにも、体調を万全にすることは大事ですね。

最近足腰にトラブルを抱えるようになってきたので、新年早々歩数計を購入しました。

歩きすぎると足腰に痛みを感じるのですが、正月太りも解消したいので、

自分のベストの歩数を見つけるために、歩数計日記をつけるのが目的です。

一昨日は一日中うろうろと歩いていたら10000歩だったのですが、

ちょっと痛みが出てしまいました。

昨日が弊社は仕事始めだったのですが、歩数が足りなくて寄り道して、

やっと8000歩でした。

筋トレをしっかりやって、少しずつ痛みの出ない歩数を伸ばすのが今年の目標です。

正月太りで、制服のウエストがきつくて仕事に支障をきたすほどだった、大塚でした。

2013.01.08『目標達成に固執する』山浦 修

新年あけましておめでとうございます。

 

年末年始のお休みも終わり、昨日から仕事始め。

また新たな一年のスタートが切られました。

 

『一年の計は元旦にあり』ではありませんが、

お正月に今年の目標を立てられる方も多くいらっしゃると思います。

 

ご多分に洩れず、この休み中に私も今年のテーマを考えました。

 

それは、『目標達成に固執する』です。

 

そのためには、

①    まず目標を明確にするということ

②    その目標に到達するためのルートを明らかにすること(綿密な計画)

③    計画を愚直に実行すること

の3つのポイントが大切です。

 

よく「計画を立ててもなかなかうまくいかないんだよね」という言葉をよく聞きます。

また自分自身も、計画通りに行かないことが多くあります。

 

その原因を考えてみると、

①    計画が拙い

あるいは

②    計画通りにやっていない

のいずれか。

 

特に計画通りに行動していないことが多くあります。

 

なぜ行動しないのか?

 

私の場合、圧倒的に『心』が弱い。

 

何事も成果を上げる(=行動する?)には、昔から言われていますが、

『心・技・体』がそろってはじめて成就するもの。

 

『技(=頭を鍛える)』に関しては、本やセミナー大好き人間の私としては問題ないと思う。

 

『体(=健康でいる)』に関しても、五体満足に生んでくれた親、日々の食生活に気を使ってくれる妻のおかげで何の心配もない。

 

問題は『心(=腹をくくれるか)』!

 

『心』を鍛えるために、私は走るという方法を選択します。

 

走っている最中は、ずっと自分の心と葛藤です。

『疲れたから歩きたい・・・、もうやめよう・・・』

それでも続ける。

これが『心』を鍛えることになると思っています。

 

税理士試験受験中、大切にしてきた言葉があります。

『負けない、逃げない、投げ出さない』

 

50歳を目の前にして、

もう一度あのころの心意気を思い出し、

今年は『目標達成に固執する』をテーマに過ごしていきたいと思います。

 

自分を鍛える(=いじめる?)うちに、「自分ってM?」と思い始めた山浦でした。