スタッフブログ

2020.05.07

コロナ禍後の社会

三井 和典

 4月16日に全国に緊急事態宣言発令されましてから3週間がたちました。政府は途中で解除を視野に入れながらも、5月31日まで宣言の延長を決めました。

 自然災害や大きな事故、戦争や内紛など生命、健康、財産などに危険が迫っている事態に発令される緊急事態宣言を初めて経験してみて、今回の事の重大さを痛感したのは私ばかりではないと思います。全世界そして全人類に対して一律に災いがもたらされる、今までにない有事であるといえます。

 この「逆境」は我々に何を気づかせ、何を諭し、何をさせようとしているのか?深く考える意味があると思います。ウイルスによるパンデミックは性別・年齢・国籍・貧富などの差に関係なく人類に等しく困難を与えています。これまでは軍事力・経済力・政治力・・・様々な質量の差により世界は均衡してきました。社会のパワーバランスは必ずしも強者だけが生き残る社会ではなく、弱者も共存できる人類を容認してきました。

 しかしながら等しく全人類に危害を与えている今回は、より弱者に対して厳しい対応を迫っています。感染を抑制し治療薬やワクチンが開発されるまで、耐えることは必要かもしれません。しかし耐えるだけではなくパンデミック後の社会の在り方を考え、これまでの価値概念を変容させることが喫緊の課題かもしれません。

 政府は「新しい生活様式」を提言し、コロナ後の社会を安心して送れるよう国民に示しました。提言の是非はともかくとして、この一か月の間これまでの生活と一変したことは間違いありません。今は自分自身の生活の変化を振り返り、コロナ禍後の社会がどのように変わるのか?またその変化が自分や家族、仕事に対してどのような変化をもたらすのかを考えるタイミングかもしれません。

2020.05.06

新しい生活様式

大崎 尚美

新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの方が今までにない環境でゴールデンウイークをお過ごしの事と思います。我が家でも生活の拠点を別にしている家族は長野に帰省することもできず、それぞれの地で自粛生活を送っています。家族でさえ会うことのできないもどかしい日々が続いています。
緊急事態宣言が5月末まで延長される中、長丁場の感染拡大に備えた「新しい生活様式」が提言されました。感染対策はもとより、日常生活の各場面での生活様式、働き方などの具体的な実践例も示され、数ケ月前までは思いもよらなかった行動が求められています。ひとりひとりが個々の生活を見直し、大きく変えていかなければならないでしょう。
提言に沿った生活様式に変えていくことにより身体的距離は確保しながらも、皆さんが不安な気持ちで過ごしていく中、心の距離は離れていかないよう、コミュニケーションの取り方も変えていかなければならないと感じました。
感染の拡大を防ぐため、弊社も現在、在宅勤務を基本とさせていただき、大変ご不便をおかけしております。昨年から働き方改革として大きな変化を求められてきましたが、在宅で勤務をする中、働き方についてあまり変えることができなかったことを実感しています。これを機にあらためて働き方の見直しをし、より有効な時間を過ごせるようにしていきたいと思います。
もうしばらくは不自由な生活が続くと思われます。何か私たちがお力になれる事があればお声かけください。

2020.04.24

必ず終息することを信じて・・・

牧 祐史

3月前半から徐々に日本国内での感染が広がった新型コロナウィルス。戦争を経験していない私達にとっては戦時中を想像せざるを得ないような外出の制限。経験したことのない恐怖と不安。私達が使命とするお客様の事業の永続性が脅かされる毎日。小説か映画のような非日常。

現実を逃避して何とかなるではなく、冷静に状況を分析して最悪の事態に備えること。自分だけ苦しい訳ではなく、社会全体が苦しい思いをしている。誰もが経験のないこと。自分だけは外出しても大丈夫ではなく、とにかく人との接触を減らし、感染しないさせない。現状100%大丈夫はあり得ない・・・リスクを最小限にする努力が求められていると思う。不要不急の外出は避けるように言われますが、不要なことはほぼないと思う。不急、今すぐでなければならないこと以外できるだけ先送りする。だらだら続けるのが一番体力を奪われる。中途半端が長引く原因になる。社会全体で痛みを共有し、少ない痛みで済むよう今が一番大事な時期。

 

雨はいつか止みます。夜明けの来ない夜はありません。必ず終息することを信じて、様々な事情があると思いますがもうしばらく耐えて、非日常が日常に戻るよう感染の防止に努めましょう。弊社も在宅勤務でしばし、ご不便をお掛けします。また、感染のリスクと昼夜を問わず最前線で向き合う医療従事者の方々に心から感謝と敬意を表し、一日も早い終息を祈るばかりです。

2020.04.13

新型コロナウィルス

和田 賢治

毎日新型コロナウィルスに係る報道が為されています。ここにきて更に感染者増加が加速しています。ここ長野市でも感染が確認され、多方において影響が出ています。私の生活面においては『中学校の休校』ですね。今年長男が中学校に入学しましたが今週からまた休校らしく・・・妻のパート勤務もままならない状況が想定されています。とても困る!!皆様におかれましても学校等の休校に限らず影響が出ていることと思います。

 

このような状況に際し自分自身がお客様への感染媒体になることをとても心配しています。どこかで私自身が感染すると・・感染判明→自宅待機までの間に感染拡大させてしまう、弊社職員は全員自宅待機、家族への感染!!怖いです。先日伺ったお客様には次月訪問をご遠慮申し上げ、会計処理等に関してはデータ等でやり取りし、相談事項は電話やメールなどで対応させていただくこととなりました。今後の業務形態に関してもお客さまと相談しながら最善の方法をとれるように務めたいと思います。

 

この他コロナ関連で、最近お客様から借入相談をいただくことが増えました。というか毎日です。資金繰りはある程度先をみて考えましょう。今日申し込みして明日融資を受けられるわけではないです。さらに今は金融機関さんも大変忙しい様子。必要性を見極めて早期に動きましょう!!

 

新型コロナウィルスの脅威が早期に終息することを願っています。

2020.04.03

一人一人が危機感を持って

小林 彰彦

新型コロナウイルスの感染者が日に日に増加し、ニュースもこの内容の関連でかなりの時間がさかれて報道されています。そのなかでカタカナの専門用語が多いことが気になっています。例えばクラスター(集団感染)、オーバーシュート(感染爆発)、ロックダウン(都市封鎖)などです。自分のように思っている方も多いと思います。なぜ、わかりやすい日本語で表現されないのでしょうか?河野防衛大臣も「年配の方をはじめ、よく分からないという声を聞く」と語り、厚生労働省などに働き掛ける考えも示しました。

専門用語なので日本語では正確な意味を伝えにくく、適切な表現が難しいというような理由があるそうです。また別の観点から捉えると「日本では深刻な危機に直面すると、政府やマスコミが国民にショックを与えそうな言葉を柔らかく言い換える癖がある」という意見もあります。あえてわかりづらい言葉を使うことで、人々の不安やパニックを避ける狙いもあるそうです。しかし聞き慣れないカタカナの専門用語が使われることで現実に何が起こっているのか、危機に直面しているのかがうまく捉えられないように思います。もう少し伝える側のわかりやすく伝える努力をお願いしたいと思います。

 

新型コロナウイルスの感染で3月29日に志村けんさんが亡くなられました。自分たちの世代の人間にとってはヒーローであり、ずっとテレビで楽しませてもらってきたので、とても複雑な気持ちです。あまりにも突然の不幸だったので、「だいじょうぶだぁ~」とまた出てきてくれるようにも思います。ご冥福をお祈りいたします。

 

あらためて新型コロナウイルスは怖い病気だということを理解し、感染しない、感染させないように一人一人が危機感を持って行動し、この状況を乗り越えていきましょう。

1...91011...203040...127