スタッフブログ

2019.08.23早期経営改善計画支援事業八田 潤也

 皆様は、中小企業庁の経営サポート事業として現在実施されている「早期経営改善計画支援事業」というのをご存じでしょうか?簡単にご説明しますと、国が認めた専門家と一緒に事業を見直したり将来の計画を作ったりして、会社の経営を良くしていきましょう。それにあたり、専門家に支払う費用を補助しますよ、という事業です。
 「国が認めた専門家」というのは認定支援機関と呼ばれ、身近でいうと金融機関や中小企業診断士、税理士といった士業の方が認定を受けています。このような専門家と一緒に自社の経営の見直すことで自社の状況、問題点や課題を客観的に把握でき、例えば資金繰りが悪い原因が分かったり、経営をよくするポイントを明らかにしたりできます。
 費用の補助については、計画策定費用とモニタリングと呼ばれる一年後の報告費用も含め、支払費用総額の2/3(上限20万円まで)となっています。
 この計画を作ることが銀行融資に直結するわけではありません。ただ、この計画を持って金融機関担当者に計画の説明に行くだけでも、金融機関との関係強化には役立ちます。私自身今年数件作成しましたが、「現状と今後の方向性がよく分かった。資金需要があったらぜひ相談しに来てください」と喜ばれました。
 ご興味のある方がいらっしゃいましたら、お付き合いのある税理士や専門家、金融機関担当者の方に一度相談されたらいかがでしょうか?

2019.08.18認定医療法人制度松本 省司

今回は残すところ期限が約1年となった認定医療法人制度について簡単に触れたいと思います。平成29年10月1日に施行された改正後の認定医療法人制度は3年間の時限措置ですので、更なる改正等で期間が延長されなければ、来年の令和2年9月30日で制度は終了となります。改正当初厚労省の担当官は研修会等で「3年間で1,000件の移行を目標」にしていると話していました。改正から2年近くが経過した現在は、認定申請件数が約320件(病院約230件 診療所約90件)と聞いていますが、今月初めに厚労省担当官からは「申請件数が多くなっていますので審査に少し時間がかかります」と言われていていますので審査期間は3ヵ月程度見込んだほうがよさそうです。

そもそも医療法人の持分は出資者の「財産」ですのでその持分を放棄して持分なし医療法人へ移行することを安易に決めることはできませんし、移行するためには運営に関する要件(非課税8要件)等の多くの要件をクリアできるか検討しなければなりません。

認定期限まで残すところ約1年となり現時点では制度の延長が行われるかどうかは不明ですので、医療法人の決算期にもよりますが、認定要件のクリアを検討するための期間、認定申請書等を作成する期間、そして厚労省の審査期間等を考えると「まだ1年あるから・・・」という時期ではないかもしれません。医療法人の事業承継、相続税の課題、持分ありのメリット・デメリット、持分なしのメリット・デメリット等を充分にご検討いただき、持分なし移行計画の認定申請を検討している医療法人においては申請の準備を早めに進めることが必要です。

2019.07.26肉離れ大塚 奈津子

3か月ほど前、人生初の肉離れになりました。

湿布を貼って無理をしなければ自然に治ると言われたのですが、痛みとむくみには結構悩まされました。

ただ、肉離れになったことで、皆さんの優しさや健康のありがたみを感じることができました。皆さんの優しさに感謝するとともに、やりたいと思うことはなるべく先延ばしせずにやっておこうと思いました。

今までも結構自由に生きてきましたが、直近2カ月で旅行2回、趣味の資格試験も受けることができ、充実した時間を過ごすことができました。これも、健康だからこそできるんだと、日々感謝しています。そろそろ合格発表、受かっているといいなぁ・・・。

 

2019.07.18自己紹介太田 悠介

今年の4月に入社しました。太田 悠介と申します。

 

出身は長野県長野市で、生まれ育った長野に恩返しをしたいと思いこの会社に入社しました。

大学は東京の大学に行き、学部は経済学部の企業会計コースというのに入っておりました。

そこでは主に財務会計や管理会計、会社法など幅広く企業に関わる会計を勉強していました。

 

また実はスポーツが結構得意で、小中は野球で全国大会に出場したりもしました。

高校からは、打って変わって硬式テニスを始め、高校・大学としており今でも休日はたまに、しにいきます。

また最近は、健康維持のために筋トレを始めましてコツコツ続けております。

 

至らぬ点も、多々あると思いますが、スポーツで培った体力や精神力と、大学で学んだ会計を

数倍レベルアップし、皆様のお役に立てるよう精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。

2019.07.08意外な拾い物髙浪 未来

この間、出勤途中に意外な拾い物をしました。なんと、20バーツです!

最初拾ったときは、どこかの国のお金ぐらいしか分からなかったのですがインターネットで調べた結果、タイのお金でした。

こんなものを拾ってしまって、大きい金額だったらどうしようと考えて日本円だといくらになるのか調べると…

…なんと71円。

ちょっとビックリしました。日本円の感覚で考えていたので紙幣だからきっと1,000円くらいになるのかと思っていたのでちょっと拍子抜けしてしまいました。

タイでは、コンビニのお菓子・カップラーメン等が買えるそうです。20バーツはワンコイン的な感覚なのだそうです。

少し勉強になった拾い物でした!

123...5