スタッフブログ

2014.05.03

講演会・交流会のご案内

松本 省司

 弊社担当者からすでにご案内の事と思いますが、信光経営グループでは6月14日に『介護』をテーマとした講演会を開催いたします。

 『介護』に関する話題は新聞紙上ではもちろんのこと、行政や地域でも数多く取り上げられていて目新しいテーマではありません。私事ではありますが、実際の生活のなかで私の親族にも在宅で介護をしていて様々な問題を抱えているという現状があります。実際に介護施設を利用したいという場面になったときに、家族の状況を考えた場合どのような施設を利用することが本人や家族にとってより良いのか、そしてどのくらいの費用負担が必要なのかを考えると、地域にこれだけ多くの施設が開設しているようでもどこにどのようにお世話になったら良いか不安だらけの現実がありました。私(50代)の場合は両親の介護問題を抱える世代ですが、弊社のお客様経営者の皆様におかれては、ご本人やご夫婦に直面する問題であるといえます。(「介護は突然やってくる」信濃毎日新聞)

 今回の講演会は、第1部では実際の介護の現場でご活躍されている主任介護支援専門員の望月裕子先生から介護施設の種類やそこで受けられるサービス内容、そして費用に関する現状等を基本的なところからお話しいただきます。第2部では、介護問題と隣り合わせにある在宅医療について、厚生連佐久総合病院で勤務されている当時から上田で開業されてからの現在も在宅医療を積極的に展開されている井益雄先生にご講演いただきます。井先生は医療法人い内科クリニックで外来診療や在宅医療を行うお忙しいなかで、上田市新田自治会では「安心して老いを迎えられるまちづくり」をめざして地域全体で高齢者の暮らしを支える地域づくりに取り組んでいらっしゃいます。

 そして講演会終了後には、ご講演いただいた両先生も出席いただき、弊社会長、社長並びに社員も出席させていただき“交流会”を開催いたします。皆さんで飲食をしていただきながら講演テーマに係る質問やお客様間でのお仕事の情報交換を行っていただければと考えております。

この“交流会”は、弊社がより多くのお客様に対する情報提供とお客様間の関係性を高めるために取組んで行こうと考えております。お客様に提供していく様々な講演会や勉強会そしてゴルフコンペもこの“交流会”の枠組みの中で展開していきたいと考えております。来年度から正式に設立する予定ですので、改めて担当者からご案内申し上げます。

たくさんのお客様のご参加をお待ちしております、よろしくお願い致します。

2014.05.01

念願叶って

中村 大輔

先日テルマエロマエⅡの舞台にもなった草津温泉へ行ってきました。普段から近場の温泉へよく行っていて、たまには名湯にでも行こうかということでぶらり旅でした。菅平、嬬恋とまだ雪が残る道を超えてようやくたどり着きました。
テレビや雑誌でしかみたことがなかった湯畑に圧巻されながらも自分自身最も興奮したのがふらっと立ち寄った熱帯園でした。熱帯、亜熱帯を中心とした動植物園なんですが、その中で人生1度は経験したかったドクターフィッシュ体験ができました!!健気に地道に角質をとっていただきました。正直温泉よりも印象に残りました・・・
表現力が乏しいので感想はなんともいえませんが、やった人にしかわからない娯楽だと思います。人生1度は経験して損はないんじゃないでしょうか?

2014.04.30

自主研修 〜診療報酬改定〜

田中 美江

医療機関を担当させていただいている職員の研修会を月2回『自主研修会』と称して実施しています。

 

今回は、平成26年度の診療報酬改定を勉強しました。

今回も医科診療所、歯科診療所ともに連携在宅がクローズアップされている改定とのことでした。

地域の中核病院や介護施設との連携、医科歯科診療所間の連携、在宅への取り組み、介護保険への参入等、地域のなかの役割を踏まえつつ意思決定していかなければならないことがたくさんあり、早期に意思決定していかないと取り残されていくようなますます厳しい環境になっていきそうです。

 

消費税の改定に伴う初再診療の引き上げ、地域包括加算の算定は診療科目を問わず関係してくる内容です。自院の診療行為別レセプトデータから改定の影響を計算することができますので、お伺いしている担当者にお声掛けください。
在宅への取り組みや介護保険への参入もレセプトのデータから収入への影響が確認できます。ぜひご相談ください!

2014.04.28

Basket★Ball

三井 麻里恵

4月26、27日とBjリーグのシーズン最終戦が行われました!

 

26日に信州ブレイブウォリアーズVS群馬クレインサンダーズを観戦し、信州は見事初のプレイオフのホーム開催を決めてくれました(^^)

 

会場は大盛り上がりでした!

 

バスケットボールは、見たことがあるという人はなかなか少ないと思います。

しかし、日本協会に登録している選手数からするとバスケットボール:61万5000人、バレーボール:40万人ということで、プレイしている選手数は多いのです♪

 

なのになかなかテレビ中継もありません・・・・

 

見に行ってみて思うことは、経験者よりやったことない人のほうがはまっているかなと思います!

 

Bjリーグはプロのリーグで、外国の選手も多く、ダンクもたくさんあり、とても迫力のあるゲーム展開なので見に行ったことない人にもおススメです☆

 

ホーム開催が決まり、

5月3日(土)、4日(日)に千曲市戸倉体育館でプレイオフファーストラウンドが開催されます!!

相手は新潟アルビレックス!

シーズン中から接戦をしているチームですがホーム開催なのできっと勝ってくれると信じてます(*^^)

 

GW中まだお出かけの予定ない方はぜひ候補に入れてみてくださいっ!

 

2014.04.25

飲みにケーション

小林 彰彦

先日の新聞記事で気になることがありました。『 新入社員6割超が「上司との飲み会は仕事の延長」』 自分も飲みに行くのが好きな方ですが、今まで仕事の延長だなんて思ったことはなく、大変驚かされる記事でした。

この調査は、宝酒造(京都市)が新社会人を対象としたインターネット上で実施されました。新社会人189人と、5年以上会社で働く上司の社員197人に対し「なぜ上司の飲みの誘いに応じるか」「なぜ部下が誘いに応じると思うか」とそれぞれ質問され、意識調査を実施したところ、実に6割を超える新入社員が上司との飲み会を「仕事」の延長と認識していることが分かりました。上司からの飲み会の誘いに応じる理由(複数回答)を新入社員に聞いたところ、最も多かった回答が「酒を飲みに行くのも仕事」で61.9%、次いで「上司や先輩の考え方を知りたい」が49.2%でした。一方で上司や先輩に、若手社員が飲み会の誘いに応じる理由を聞いたところ、「(若手社員が)酒を飲む雰囲気が好きだから」が53.8%で最多でした。「酒を飲みに行くのも仕事」答えたのは31.0%で、新社会人とは約2倍の開きがあり、上司からの飲み会の誘いを若手社員が断っても「仕事に影響しない」と答えた人の割合は、上司や先輩で61.3%だったのに対し、新社会人は26.0%でした。

「上司との飲み会」に対する世代間の意識差が改めて浮き彫りとなった結果となりました。仕事終わりの上司との飲み会は社会人にとって重要なイベントの一つだと思いますが、それは「好きだから」行くのか、はたまた「仕事だから」行くのか、部下の気持ちをはかりかねている上司も多いのではないでしょうか?あまりに気持ちを考え過ぎて誘わなくなるのもやはりコミュニケーション不足につながることだと思います。ただし飲み会でアルコールの力を借りて説教の場にはしないようにしないといけないと思います。自分としてはリラックスしていろいろな話ができるよう、飲みにケーションを大事にしていきたいと思います。

1...10...192021...30...31