スタッフブログ

2014.12.07

☆信光交流会☆

北村 由香里

12月6日に、ホテル犀北館にて ‘相続・事業承継セミナー’ ‘信光交流会 設立総会’ ‘交流会’ を開催しました!

当日は雪が降っている中たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました(_ _)

今回の交流会では、自己紹介タイムを設けました。

参加者の皆様には突然お願いをしたので、嫌がられている方がちらほら見受けられました(笑)

突然のお願いだったのですが、ご参加いただいた皆様すごいですね!

自社のアピールや、ちょっとした笑いでのつかみ!!お一人お一人楽しい自己紹介でした(^^)

以前よりちょくちょく出ている信光交流会。来年から本格始動いたします!

現在、80社の企業の皆様にご加入いただいております☆

この交流会を通して、普段では関わることの無い業種の方と交流をもっていただきビジネスに生かしていただくのはもちろんですが、

ご加入いただいた企業の従業員の方同士の交流、従業員のご家族も一緒になってオープンな関係をつくるための手段にしていただければと思い発足いたしました。

今後は経営者の方が参加したい!と思うセミナーはもちろんですが、従業員の方!従業員のご家族揃って参加していただけるような会にしていきたいと思いますので、

こんなことしてくれればいいのに・・・。とご要望がございましたら、どんどん教えてください!

入会もまだまだ!募集しております!ご入会おまちしております!!

 

 

2014.12.04

レジェンド

大塚 奈津子

先日、今年の流行語大賞が発表され、私は大賞と同時に発表されたトップテンの中の「レジェンド」に注目しました。

 

「レジェンド」の受賞者は、スキージャンプの葛西紀明選手、プロ野球中日ドラゴンズの山本昌投手、プロゴルファーの青木功選手の3選手です。スポーツをしている者として、長年に渡って第一線で活躍されている選手が表彰されることはとても励みになります。

 

今シーズン、初めてナゴヤドームに行って中日戦を見てきました。幸運にも山本昌投手が先発の試合も見ることができました。ショップには山本昌投手のプロ野球最年長先発勝利記録記念グッズもたくさん売られていました。野手より投手の方が選手寿命が短いといわれている中で、改めて49歳で先発勝利をする凄さを感じました。

 

山本昌投手より年下の私も年々衰えを感じます。筋力、持久力の低下、反射神経の鈍さ、いろいろな箇所の故障など、数えたらきりがありませんが、レジェンド達は、体のメンテナンスや食事、技術や試合感、気持ちなどあらゆる面で衰えをカバーしているのでしょう。

 

私もレジェンド達を見習って、若い選手や強い選手と試合をするときに気持ちで負けないよう、まだまだ現役選手でありたいと思います。

2014.12.03

タイヤ交換

 今年も残り1か月となり急に冷え込むようになりました。ここ数日は寒波に係る情報がテレビ等で見られます。長野市においても天気予報を見ると“雪”の表示がされるようになりました。弊社職員は多くの時間をお客様の許で過ごします。一日に数件のお客様に伺う日が多いことからも外出の時間が長いことがわかります。外出:基本的に車での移動になります。高速道路を利用する機会も少なくありません。この時期になると弊社では一斉にスタッドレスタイヤへの交換を行います。今年は昨日がその日でした・・・今日は若干筋肉痛です明日はもっと痛いのかもしれないです。

 クルマ全体のうちで道路に接するのはタイヤ表面のごく一部です(通常のサイズだとはがき一枚分ぐらいらしいです)。普通乗用車はたいてい1t前後(もっと重い?)はあるのではないでしょうか?1tの車をはがき4枚の面積で支えていることを考えるとタイヤの役割の重要さを感じました(だからゴムなのに高いのか~)。

 近く自分の車のタイヤ交換もしなければいけないのですが支えてくれるタイヤに敬意をもって今年も自分で交換しようと思います。

2014.12.02

今年も残すところあと1ヶ月

松本 省司

昨日で12月に突入です。今年もあと1ヶ月となりましたが、皆様の平成26年はどんな年でしたでしょうか?

私の平成26年と言えば、今までの社会人生活と大きく違う年であり、それは地区の体育部長を引く受けたことと来年発足する信光交流会の立ち上げに携わったことです。

今回は体育部の活動について触れてみたいのですが、こう見えてもスポーツは大好きなので、今までも芹田地区の野球大会には練習から積極的に参加していましたが、今年はいよいよ部長のお鉢が回ってきたのでした。11月に卓球大会が終了し今年の体育部活動(その他にバレー、野球)も終了したのですが、地区の役員の仕事は正直大変でした。大抵練習は土曜日か日曜日で大会前の1週間は平日の夜に連日練習を行い、大会は当然日曜日、そして役員会は平日の夜と、仕事も忙しい中での役割ですが、いざ練習や試合が始まると大好きなスポーツですので夢中で体を動かしている自分がそこにいます。また、大会前の段取りや当日の準備も家族に協力してもらいながら何とか地区の部員に不自由がないように用意することができたと思います。

振返ってみると、昨年までの自分は地域との関わりをあまり積極的に取りに行っていなかった住民でしたが、今年は地域の様々な仲間や諸先輩方と多くの関わりを持つことができました。先輩方からお叱りを頂くこともあったり大会後の慰労会で騒いだりと、会社生活だけでは体験できない時間や価値観に触れることができたように感じました。自分で役割を取りに行くことで様々な仲間や地域の人達に支えられながら、今までにない自分を体験でき成長できたと実感できる1年でした。

今年あと1ヶ月、体育部の活動は実質的に終了していますが、信光交流会はこれからが重要な時期を迎えます。どのようなことに関しても「自分から役割を取りに行く」を最後までやり抜き、正月を迎えられるようにします。

 

 

2014.11.29

ストレスチェックの義務化

田中 美江

労働安全衛生法の一部を改正する法律が、平成26年6月25日に公布されました。
職場のメンタルヘルス対策に関して、新たにストレスチェック制度をつくる必要があります。
施行期日は、平成27年12月1日です。

 

ストレスチェックとは、常時使⽤する労働者に対しておこなうもので、医師・保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査で、義務化される対象企業は従業員50人以上の事業所です。

従業員数50人未満の事業所では、努力義務とされていますが、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することは重要です。

厚生労働省は、事業所でのストレスチ ェックを含めたメンタルヘルス対策が促進されるよう周知・啓発を行うとともに、全国に設置している産業保健総合支援センターによる面接指導の 実施体制を整備することなどにより支援を行っていきたいと考えているようです。

 

 

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 〜心の健康確保と自殺や過労死などの予防〜  に『5分でできる職場のストレスチェック』として

4つのステップの57個の質問からストレスレベルを簡単に測定できるものが掲載されています。

結果がグラフ化されますし、コメントがついた結果表を印刷できるようになっています。

ご活用されてはいかがでしょうか?