2021.04.18

さらに上を目指して!

大崎 尚美

新型コロナウイルスの影響で1年延期になった東京オリンピックですが、開会式まであと100日を切りました。聖火リレーもスタートし、各ランナーの方がそれぞれの想いをこめて聖火を繋いでいます。長野でも先日行われましたが、感染拡大防止という事で無観客で行われました。生で聖火を見ることができず残念でしたが、ニュースで見てオリンピック開催が近付いたことを実感し、わくわくした気持ちになりました。東京でのオリンピック開催が決定したのは、もう7年以上前の事になりますが、決定した時の感動を再び思い出しました。

新型コロナ感染症の収束の目途が立たず、不安な状況が続いていますが、そんな中、スポーツ界からは素晴らしい活躍のニュースが次々と伝えられ、大変嬉しく思います。

水泳の池江選手。大病から復活し、日本選手権で4冠を達成、見事オリンピック代表にも選ばれました。病との戦いの辛さもさることながら、水泳の練習でも私には想像もつかないくらい大変な努力だったのだろうと思います。辛さに負けずに頑張った姿を思い大変感動的でした。

ゴルフの松山選手。マスターズで優勝し、日本人初のメジャー制覇は大変嬉しいニュースでした。いつも試合後、誰よりも遅くまで練習を続けるといった人一倍の練習の積み重ね、妥協を許さない姿勢が素晴らしい結果に繋がったという話を聞き、こちらも感激を受けました。

野球の大谷選手。投手と打者の同時出場の2刀流。投げては三振を取り、ホームランを打って盗塁を決める、まるで漫画の世界のような活躍で、普段野球をあまり観ない私にとっても衝撃的でした。

どの方も素晴らしい偉業達成で感動を受けましたが、それぞれの方のインタビューを聴くと、皆さんがこの偉業を成し遂げた事に満足せず、さらに上を目指したいと話をしていたことに、さらに大変感激しました。更なる活躍を応援していきたいです。

今回の東京オリンピックの予定通りの開催を疑問視する声も上がっています。ですが、今この時もオリンピックに向けて一生懸命努力を続けている選手が多くいる事を思うと、どうしたらオリンピックを成功させることが出来るのか、という視点で前向きに開催を考えていただけるよう願いたいです。

自国開催のオリンピックで、選手たちのどんな素晴らしい活躍の姿を見ることが出来るのか、楽しみです。