2020.09.14

あれから・・・

牧 祐史

 昨年の台風19号災害から早いもので1年が経過しようとしています。昨年のこの時期に誰が新型コロナウィルス感染症による現在の状況を予測できたでしょう。。。自然災害や感染症などが今までに経験したことのない規模で襲い掛かってきます。中小企業にとっては回避困難な危機の連続です。しかしながら、企業は顧客やそこで働く従業員のために永続性が確保されなければなりません。最近、事業継続計画(BCP)が注目され始めています。災害に強い企業にするために、計画の認可を受けると税制などの優遇が受けられる制度です。税制の優遇もさることながら、日頃から地域のハザードマップ等を確認し、避難計画を作成することや、就業時間以外でも緊急事態には少しでも被害を少なくすべく、集まれる体制作りなど災害に備えた組織作りが急務です。

 先日の台風10号では周辺地域での被害は限定的でしたが、列島縦断などということになれば被害はどれほどだったかと考えると背筋が凍りつきそうです。台風や大雨による災害が増えるこの時期に今一度、防災・減災について考える必要があると思います。