スタッフブログ

2019.11.04最後のごほうび丸山 慶子

台風19号で被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。知人のお家も3週間経った今もまだまだすごい状況を新聞で知り心が痛むばかりです。

 

私は9月の終わりに岐阜まで次女の合唱のブロック大会に行ってきました。長女も同じく中学2年から合唱を始めましたが、中学は弱かったので3つ違いの次女とあわせても一度だけ北信大会から金賞で県大会に行っただけです。長女が高校に入ってからは、合唱がとても熱心で強かったので毎回金賞をもらえました。ですが、高校の合唱は金賞でもダメ金といって金賞が何校ももらえますが、県代表は1校だけ。(大会により1または2校です。)本当に1位にならないとその上の大会に進めないのです。

 

話はさかのぼりますが、次女は一応高校3年生で、7月の大会で上に行けなかったので、事実上は引退しました。昨年まではその次の8月の大会からは1・2年生だけで3年生は残りたい人がでる感じでした。ですが、今年は8月の大会日程が早まったので3年生も全員出ることにしました。7月の大会は6位でしたので、みんなまさか!と思っていたのですが、8月の大会で1位の県代表になりました。2位の小諸高校と代表です。子供達はびっくりでそれだけで歓喜でした。そして、親である私は初めての県外大会です。合唱は全国大会の前にブロック大会があって今回は岐阜で中部大会でした。メンバーには中学から全国大会常連さんがいるので色々聞きながら、ホテルをとり前泊です。合唱を始めて8年間、追っかけの集大成です。当日は素晴らしい県代表の演奏に圧倒されながら、楽しんできました。いよいよ、審査発表、全国大会には予想通り(毎年なので)愛知県の高校。娘の高校は銀賞を頂きました。それだけで大満足です。それぞれ金・銀・銅賞をもらえます、この時はまだ順位はわかりません。そのあと会場外に、細かい順位が張り出され、なんと愛知県3校に続く銀賞のトップ、全体14校中の4位でした。みんな喜びを超えて驚きの歓声です。正直全員で17人と出場した高校の中では2番目に少ない人数で迫力にはかけるところがあったのですが、みんな頑張れば大丈夫と自信になったと思います。帰りの電車の中、今までお世話になった方に報告をし、今年転任された前顧問の先生からは、最後のご褒美ですね。と私に言ってもらえました。少ない人数で4部合唱、初めて聞いてから大ファンになりほぼ全部聞きに行った追っかけ。最後に遠くまで連れていってくれてありがとう!卒業してもずっと娘達の通った合唱班応援してます。

 

コメントを残す

お名前: