2018.06.30

ワールドカップ

小林 彰彦

サッカーのワールドカップロシア大会で日本代表が予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進出して盛り上がっていますね。当初は直前に突然の監督の解任劇や成績不振などで盛り上がりを欠いていました。本田選手や岡崎選手、香川選手などベテラン偏重の選考で「おっさんジャパン」言われたり、またスポンサーへの配慮を勘ぐられ「忖度ジャパン」と揶揄されたり、急きょ就任した西野監督の手腕を懸念されたりして、3戦全敗と厳しい予想も多かったと思います。

初戦のコロンビア戦の勝ちが大きかったと思いますが、2戦目のセネガル戦も粘りでよく追いつき引き分けに持ち込んだのも素晴らしかったと思います。3戦目は「他力本願」の戦い方に賛否両論あり、敗戦となりましたが、結果的に予選リーグを突破したことで、西野監督の手腕は称賛されても良い結果を残したと思います。短期間でよく立て直し、結果を出せたのは緻密な戦略とコミュニケーション力ではないでしょうか。

 

また日本人として誇りに思うのは、日本サポーターが観戦後に行っている「ゴミ拾い」についてです。世界的関心事になっており、コロンビアやセネガルサポーターも一緒にゴミ袋を広げる姿があちこちで見られたと報道されました。日本サポーターの動きは、すでに他国サポーターにも波及しているそうで、ウルグアイとサウジアラビア戦後に、ウルグアイサポーターがゴミを集めていたそうです。日本ファンの美徳として知られてきたゴミ拾いが広がりを見せていることに喜ばしく思います。

 

日本として初めてのベスト8をかけたベルギー戦は日本時間7月3日午前3時からになります。寝不足覚悟で応援したいと思います。