スタッフブログ

2013.01.11ビジョナリーパートナー小林 彰彦

 本日(1月11日の金曜日)東京まで研修に行ってきました。内容は「企業の経営力強化支援のために、会計人ができることを考える!」というものです。その内、第一部の基調講演で長野市出身の元リッツ・カールトン日本支社長、現在は人とホスピタリティ研究所代表の高野登氏のお話を聞くことができました。

 

 「ホスピタリティの心 ~人間力の原点~」という内容でお話を頂きましたが、とても興味深く大変ためになる内容でした。サービスとホスピタリティの違いや、何のためにマニュアルがあるのか、人間力と感性を磨くことなど納得させられる内容が盛りだくさんでした。

 

対話の必要性を改めて感じ、自分の価値基準で行動をしないこと、明確なビジョンを持つこと、相手のためにではなく相手の立場になって考えることが自分を高めるために必要だと感じました。

 

ホスピタリティの心を持ち、お客様からビジョナリーパートナー(将来のことを一緒に考えてくれる人)となれるよう頑張っていくと心に誓いました。        

小林 彰彦

コメントを残す

お名前: