社長ブログ

2013.03.19社員とのコミュニケーション

以前、弊社が毎月発行している事務所通信「しあわせの種」のコラムで反響が大きかった記事をご紹介しようと思います。

「人財」を創ることにつながっている組織を成立させる3つの要素「メンバーが目的を共有すること」「働く人の貢献意欲を高めること」「メンバー間のコミュニケーションを図ること」のうち、「メンバー間のコミュニケーションを図ること」について記載したものです。

 

以下、事務所通信より引用。

…前略…

組織は目的を共有するメンバーが集まり、働く人たちがその組織の目的を実現するために意欲的に働くことで、期待している成果を発揮します。しかしながら所詮は自我を持った個の集まり・・・。悲しいかなこれだけでは組織が機能しないことが一般的です。そこで必要になるのがそこで働くメンバー間の「コミュニケーション」を確保することです。しかもこれには「質」が問われます。「質」を上げるにはまず「量の確保」が必要です。いくらコミュニケーションの質を上げようとしても言葉が足りなければ、「その真意」は伝わりません。積極的に・主体的に「声掛け」をしていくことが大切です。「想いは思われず、つもりは積もらない」。相手の立場にたったストロークが、真のコミュニケーションを保証します。
ではコミュニケーションの「質」とは何でしょうか?私は「相手の事を思いやり、相手のために本音で伝えること」だと思っています。人間は一人では生きていけません。お互いが関係性をもって生きています。それではどのように関係性を持っていったらいいのでしょう? 私たちは自分と回りとの関わり方を「利他的に共存」・「補完的に共存」・「互恵的に共存」・「貢献的に共存」していこうと考えています。このような関係性を相手とのコミュニケーションで築いていこうと思って関わることが、「質」を高めることにつながると思っています。組織の盛衰はそこで働く人財にすべてかかっています。ですから企業の存続に責任を負う経営者は「人材を育成する」ことが第一の仕事になるわけです。新商品や新市場の開発・お客様のクレーム処理。どれも重要な仕事ですが、経営者がずーっと関わっているわけにはいきません。経営者が自信を持って育て上げた社員が解決していけばいいのです。
会社は人が成長する場所であり修行のための道場です。経営者の方がまず、社員の皆さんと本音で語り合えるコミュニケーションを創っていくこと、「会社の意義はここにある」と伝えていくことが必要ではないでしょうか。

引用ここまで。

 

いかがでしょうか?

組織がうまくいっているか否かの境目は社員とどれだけコミュニケーションが取れているかどうかによるのではないでしょうか。経営者の多くは社員からコミュニケーションを取るべきと考えがちですが、社員一人ひとりを大切に思えばこそ経営者から積極的に関わり合いを持ち、大切な社員との距離を縮めていくことが必要と感じています。

コメントを残す

お名前: