TOPメッセージ

信光經営グループ代表取締役 三井和典

「想い」信光經営グループ代表取締役 三井和典

金融工学に基づいた経済の仕組みにゆがみが生じ、21世紀初頭の経済は混迷を極めております。
環境が変化する中で確実に企業の業績を伸ばしていくには、その組織にある文化や思想・風土の見直しが今こそ必要です。

「部分最適から全体最適へ」、「現在最適から将来最適へ」と戦略の視点を転換し、将来起こりうる問題を想い(先見力)原理原則に立った判断をし(決断力)そして確固たる信念に基づき実践を自らが垂範する(実行力)。
経営者に求められる永遠の課題でもあります。

逆境といわれる時代には、経営者、社員を含めた 「人財力」が企業の業績を左右します。
対処療法を強いられる環境もあると思いますが、ここは一歩引いてでも自社の経営を見直し、人材育成を要とした中長期戦略を立て直す時期ではないでしょうか。

我々は中小企業の経営者の皆様に対し、税務面だけからのアプローチに終始することなく、幅広い視点から経営をサポートさせていただくことを念頭に研鑽を積んでおります。

ブログ紹介

2013年07月04日
証券税制セミナー開催しました
2013年07月02日
時間の使い方
2013年05月20日
5月も中盤に差し掛かり…
2013年04月17日
経営者感覚を持つ社員
2013年04月02日
結論のない会議