業務委託費の削減はできますか?

相談

わが社では、経理処理や税務申告などの業務を
会計事務所にお願いしていますが、
これって本当に必要なのかねえ?
(O社長)

「必要ないのでは?」と感じるのはなぜでしょうか?

O社長は、会計事務所への業務委託を不必要と感じているようです。
なぜ、「必要ないのでは?」と感じるのでしょうか?
まずは、その理由を整理してみましょう。
例えば常日ごろ、こんな気持ちになることはありませんか?

例えば

  • ●会計事務所に頼んでいると、業績把握に時間がかかりすぎる
  • ●顧問料の意味がわからない
    (金額は妥当なのか? 余計に払っているのではないか? 等)
  • ●必要な情報をすぐにもらえない

(O社長)
あー、あるある!
必要な時に必要な情報が手に入らないってことがね。
「今、知りたい!」っていうタイミングがあるんだよなあ。

いち早く自社の業績を把握し、スピーディーに対応したい!

O社長は経営者として、刻々と移り変わるビジネス環境や自社の経営状況に、
スピーディーに対応していきたいとお考えのようです。
経営者は、限られた時間の中で多くの重要な判断を行い、経営を進めていかなければなりませんから、
会計事務所からなかなか資料が届かず、
決断のタイミングを逃してしまっていると感じるのも無理はありませんね。
では、なぜすぐに業績把握ができない状況になっているのでしょうか?
この場合、

例えば

  • ●毎月の経理処理をまとめて依頼している
  •    ↓
  • ●その処理を待っている
  •    ↓
  • ●リアルタイムかつスムーズな業績把握ができない
  •    ↓
  • ●対応が遅くなる

というように、処理をまるごと会計事務所に依頼することで、
情報提供を待っている状態になってしまい、
結果、対応が後手に回ってしまう…という状況にあると考えられます。

(O社長)
全部まかせっきりってのもまずいなとは思っていたけれど、
煩雑で難しい経理処理は、
できれば誰かにやってもらいたいってのが正直なところでねえ…。

自社の財布の中身を、社長自身が知っていることこそ重要です!

O社長のように、
自社の会計業務をすべて会計事務所に委託しているケースは少なくありません。
もちろん、そうすることで余裕が生まれ、
営業など本来の業務のために時間を有効活用できるのも事実です。
しかし一方で、適切なタイミングに、迅速に経営判断を下していくためには、
どうしても障害になりかねません。
ですからやはり、自社の業績や経営状況は自分で知るという姿勢、
「自社の財布の中身を社長自身が常につかんでおく」ことが、何よりも必要です。

  では、そのためにはどうしたらよいでしょうか?
最も有効な対策は、

例えば

  • ●自分の会社で経理処理を行う(=自計化)
  • ●今すぐ自計化することが難しければ、
     できるように指導やサポートを受ける

の2つです。
自社で経理業務を行い、社長自身が常に業績を把握することによって初めて、
タイムリーかつスピーディーな経営判断が可能となるのです。
  もちろん、いきなり完璧に処理するのはなかなか難しいことですから、
指導やサポートを受けつつ、
できるところから自計化を図っていく、というのが現実的でしょう。

(O社長)
やっぱり、俺自身がわかってないといけないな。
無理に気張らないで、
できるところからやってみようか!

ご自身で処理することはコストカットにもつながります。

O社長のように意欲的に学ばれ、
会計処理を習得していただくとコストカットという
大きなメリットが生まれます。

例えば

本気で学ばれるために自計化支援を特別に依頼し、別途料金を支払ったとします。
ここで指導を受け、マスターすれば、以後月次の会計処理にかかる経費はなくなります。
このように学ぶための一時的なコストはかかっても、
長期的な視点で見ると将来に亘ってコストカットにつながります。

(O社長)
なるほどねぇ!
タイムリーな経営判断だけでなくコストカットにもつながる。
一石二鳥ってやつだね!

自計化は会社の「自立化」。私たちが全力でサポートします!

そうです、その一歩が大切です。
自計化は、よりスピーディーで、より的確な経営判断のための根拠となり、
会社が成長・発展していくために「自立する」ことでもあります。

私たち信光経営グループは、
  「帳簿のつけ方がわからない」「処理の仕方がわからない」「経理用語がわからない」
 など、御社の現状や課題に合わせて、自計化に向けたサポートをいたします。
  まずはお気軽にご相談ください。御社の成長・発展のため、ともに頑張りましょう!